画面が粉々!こんな時はiPhone修理店にお任せ!

ここ数年でiPhoneを利用している人がたくさん増えています。
行き先を調べたり、仕事のメモを取ったりと用途は様々です。そのため、iPhoneは私たちの生活のなかで欠かせないモノになりました。あると便利なのではなく、無いと不便なのです。

ただ、ずっと使っていると思わぬ事故もあります。
たとえば、操作中に誰かとぶつかって落下したり、ポケットから出す時に手が滑る事も無いとはいえません。
街に出ると、画面が割れたまま操作をしている人もちらほら見かけますね。

画面が割れてしまった場合、お店で直す方が早くできます。
他の方法とも比較した上で、今回は画面割れの際の対処法について紹介します。
tgrste

iPhoneの画面がバキバキに割れてしまった!

何年も使っていると誰もが経験する可能性のあることです。
電話サポートに問い合わせをすると、アップルケアのアドバイザーが丁寧に対処方法を教えてくれます。
問い合わせの際はシリアル番号かIMEIが必須ですので必ず確認しましょう。
これらの情報は本体裏、購入した箱に書いてます。
また、ホーム画面から
設定>一般>情報
とタップすると確認できます。
また、「無償お電話サポート期間」があるため、保証状況によっては有償サポートになる可能性がありますが、勝手にお金がかかることは無いので、一度アドバイザーに相談してみることをおすすめします。

もし、電話をせずに自分で何とかする場合

まずは電源がちゃんとついて、操作ができるのかどうかしっかり動作確認しましょう。
そのまま利用していると急に使えなくなる日が来るかもしれません。安全に使うためにも、放置せずに修理する必要があります。

操作ができるならバックアップは必須!

中の大事な写真やアプリケーションのデータを保存し「バックアップデータ」をiTunesかiCloudに必ず取ってください。
iTunesを利用するにははパソコンが必須です。動作する環境も決まってるため、古すぎるパソコンでは動きませんので気をつけましょう。
iCloudでのバックアップにはWi-Fiが必須であることと、容量制限があるので注意が必要です。
中のデータが多い人は必要に応じてiCloudのストレージを有償でアップグレードする必要があります。

お店に持ち込み

アップルの直営店に予約して持ち込むか、正規サービスプロバイダに持って行くと、その場で修理してくれます。
予約は基本的に混み合ってるので、もし近くに正規サービスプロバイダがあれば、そちらに行くことをおすすめします。
修理の際には、携帯ショップに持ち込んでも受付ができないため、必ず修理専門の店舗に持ち込みましょう。
アップルケアの保証に入っていれば修理代はかなり安くなります。
もし、入っていない場合でも携帯の保証が効くかもしれないので、各携帯ショップに一度確認しましょう。
grhtou
どちらの保証にも入っていない場合は、メーカーサポートではないのですが、非正規の修理店に持ち込めば、安く修理してくれます。
メーカーに比べると半額以上安い場合もあり、全国に展開しているので、修理の選択肢に含めても良いでしょう。

持ち込みが出来ない場合、郵送での修理が可能!

アップルケアに電話をすると、郵送での修理ができます。なかなか店舗による時間がなく、家に家族がいる場合などは活用できます。

最後に

ここまで、画面が割れた場合の対応方法をご紹介しましたが、バックアップ操作や修理の手続きなどはウェブで情報を探しながらだと慣れない人だと大変です。
アップルケアの電話サポートは修理の受付だけでなく、操作方法や何をすべきかという内容まで提案してくれるので、最終的に修理をしない場合でも一度相談することをおすすめします。
必ずアップルケアで修理をする義務は無いので、正規サポート含めて、料金やサービスを比較した上で修理することがポイントです。

iPhone水没してしまったら・・・

自分で対応できない場合は業者に見てもらいましょう。
■おすすめのサイトはコチラ
iPhone修理のモバプロhttp://mobilephoneprotector.jp/

更新情報